都市計画(大方・村山)研究室2017年度卒業研究案内

Ver.1.1/ Last revised at April 19, 2017


都市計画研究室では、人口減少・超高齢社会への適応、環境負荷の低減、防災・減災といった課題に、都市や都市を超えて広がる生活空間の形成と維持管理を通じて取り組む方法を探究しています。都市の空間像の構想と実現方策の検討、土地利用・都市形態の変容過程とそれへの効果的介入、産官民協働の都市形成管理手法、これらに必要な都市情報の収集・処理・表現方法等が主な関心領域です。

都市計画研究室の研究テーマのキーワードと最近の研究室の主要な研究フィールドの例は、以下の通りです。ただし、卒業研究は、必ずしもこれらにこだわる必要はありません。卒業設計も指導します。自らの関心を自主的かつ積極的に追及する人を歓迎します。


Keywords

都市基本計画、土地利用(調整・広域)計画、成長管理政策、市街地整備、住環境整備、地区の計画、都心部形成・再生、計画策定プロセス、まちづくり、市民参加プロセス、土地利用・市街地形態・開発コントロール、まちづくり条例、環境アセスメント、計画策定技法、都市記述技法、超高齢化時代、福祉のまちづくり、都市形成・都市計画史、海外事例研究



[説明会] ※昼食持参可


return都市計画研究室ホームに戻る