Welcome to Rikutaro Manabe’s Site
 
 

 都市には多様な「知」が潜在している。時間に育まれてきた「知」である。日々の生活に溶け込んでいるもの、使い慣れた空間に組み込まれているもの、「知」は様々な形・状態で存在している。

 既に顕在化し都市生活の基礎として共有されている「知」も多いが、意識的に認知されることなく、未だに潜在しているものが多いのも事実である。あまりにも自然に受け入れられているが故に、意識されず潜在している。

 潜在している「知」を顕在化させ、共有化させることで、自らが生活する都市に自信と誇りを持つことができる。日々の生活や街角の風景が、都市の誇りとして再認識される。この自信と誇りが都市を持続的に機能させる。

 潜在している「知」を顕在化させるには「普段の生活」「いつもの景色」を意識的に見なければならない。見出した「知」を表現し、伝え、共有化しなければならない。潜在する「知」を顕在化・共有化する技術を確立しなければならないのである。

都市に潜在する「知」を顕在化・共有化できるか?

Kakiko Map
Hongo, Univ. of Tokyo
Hongo, Univ. of Tokyo